【究極の生活】働かないで生きていく-1章

社会人1年目の記録

こんにちは!あかおにです!

本日は、人気芸能人「中田敦彦」さんの

動画で取り上げられていた「FIRE」について

紹介しようと思っています!

働かないで生きていくというのは

どういうことなのか、見ていきましょう!!

FIREとはなにか

FIREとは“Financial Independence, Retire Early”の略です。

  • Financial Independence 「経済的自立」
  • Retire Early 「早期引退」

これを中田氏は「遊んで暮らして金もある」という直訳をしていました。

参考文献:FIRE 最強の早期リタイア術

今まではYoutubeで「好きな事して、生きていく」という話がありましたが、

新しいものとして「遊んで暮らして、金もある」という話が出てきました。

しかも、これは誰でも達成可能という話があります。

では、どうやって達成すればいいのか。

生き方を変える必要がある

そもそも人間には「欠乏マインド」と言われるものがある。

それは、給料が上がれば上がるほど

  1. 高い車を買う
  2. 高い家賃の所に住む
  3. 高級レストラン

という、行動をとりやすいものである。

結局は、年収1000万円以上ある人でも、「欠乏マインド」が資産を生まない結果になる。

参考文献の著者は、元々貧困層の出だが、31歳で1億円を貯めて早期リタイアを達成した。

1億円の株式投資の配当金だけで生活しているのです!!

  • 好きな時に遊び
  • 好きな時に旅行
  • 好きな時に起きる

つまり「お金で自由を取り戻した」という感じ。

31歳で早期引退:周りの目

著者は周りから、もの凄く批判されてしまった。

  1. 「実際に不可能だろ」
  2. 「働かないは不道徳」
  3. 「ニートと一緒だ」

でも、著者は31歳からずっと「遊んで暮らして、金もある」を達成し続けている。

でも、これは「貯金を切り崩しながら生きている訳ではない!!」のです。

どうやってFIRE達成?

そもそもどうやってFIREを達成するのか、という話になってきます。

そんな年収が高くないよ~

収入が足りない、収入が足りない

という声もたくさんあがってきそうな勢いですよね。

私自身もそう感じました。

しかし、「本当に大事なのは収入ではない」ということです!!

  1. 収入を上げて
  2. 支出(生活・車)を上げて
  3. 投資を先送りにする生活

上記では一生、経済的自立は難しい

だからこそ取るべきアクションプランは、「生活の為に本当に必要なお金(支出)はいくらなのか

これを把握することです。そして、

  1. 支出
  2. 投資
  3. 収入

の順番で考え、「決められた支出の中で生きていく」

支出を生み出すものが投資のリターンと考え、投資のリターンの中で生きていくので

収入が要らない状態を目指します。

FIREの例

収入を0でも良い状態にすることがFIREであり、これが「富裕層のドアを開く」状態になります。

しかもこれは30年以内であれば、だれでも達成可能とのことです。

頑張っている人は10年、5年と短くなります!

生活費、月13万で考えてみましょう。

  • 家賃3万円 1LDK(田舎)
  • 電気・水道・光熱費 1万円
  • 携帯代 Net 1万円
  • 食費・日用品・医療 5万円
  • 軽自動車維持費 1.5万円
  • 1.5万円 旅費
  • 合計15万円
  • 年間で156万円必要

これをアメリカのアッヴィ合同会社/プルデンシャル生命等に投資をすると

年間利率が5%で連続配当し続けているので、

毎年の配当金200万円を貰えて、そこから税金20.315%引かれて159万円の収入!!

つまり4000万円必要な計算になります!

いや、結構厳しかった(笑)

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました