エネルギー業界 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エネルギー業界 年収ランキング

日本国内企業12社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 ENEOSグローブ 1062万円 44歳 9名
2位 JXTGエネルギー 約1000万円 42歳 122名
3位 アストモスエネルギー 997万円 40歳 12名
4位 出光興産 951万円 42歳 69名
5位 昭和シェル石油 932万円 45歳 26名
6位 国際石油開発帝石 923万円 40歳 46名
7位 石油資源開発 806万円 41歳 13名
8位 東京電力 786万円 43歳 約250名
9位 中国電力 779万円 44歳 125名
10位 中部電力 767万円 43歳 161名
11位 四国電力 766万円 44歳 58名
12位 九州電力 762万円 44歳 111名

エネルギー業界の特徴

メリット

・石油系は依然好調

石油の業界再編で過剰な価格競争から脱し、採算は改善局面。またエネルギー業界でも石油系の年収は

軒並み高く、少数精鋭のエリート大卒が占める。

・職業が安定している

インフラのため定年まで勤め上がることが出来る

デメリット

・電力、ガスの自由化

電力・ガスは自由化の流れで競争激化。今後は人口減少・脱炭素化・デジタル化・自動車運転人口の減少

といった様々な要因によりエネルギー業界は新たな変革が要求される。

・年功序列

完全な縦割りトップダウン型で、若手の挑戦や意見は好まれない環境が根付いている。これもインフラ系ならではの特徴ではある。

最後に

インフラは見えないところで、人々の仕事を支える立派な仕事だと考えています。

仕事としては新しいことやモノを作るわけではありませんが、みんなの当たり前を維持しているインフラ会社の社員さんには頭が上がりませんね。

真面目な人に向いている業界だといえるでしょう。

Follow me!

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP