自動車メーカー 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車系年収ランキング

日本国内企業11社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 トヨタ自動車 約1000万円 43歳 400名
2位 日産自動車 約950万円 43歳 380名
3位 ブリジストン 865万円 42歳 118名
4位 トヨタ車体 824万円 41歳 122名
5位 デンソー 812万円 41歳 451名
6位 本田技研工業 808万円 43歳 527名
7位 豊田自動織機 795万円 42歳 176名
8位 住友ゴム工業 795万円 40歳 83名
9位 アイシン精機 789万円 39歳 183名
10位 日清紡ホールディングス 770万円 43歳 30名
11位 東海理化 764万円 40歳 81名

自動車系メーカーの特徴

メリット

給料安定業績 良好

世界で時価総額40位台であるトヨタ自動車の影響力が強く、世界的な自動車生産は底堅い

・給料が相当高い

完成車メーカーの総合職・開発職における平均年収は四季報やネットに記載してある年収よりも明らかに高い

・好きを仕事に

自動車が好きな男子は結構多い(はず)ため、「好きを仕事に」できていると言える。

つまり、年収以上の熱いモノを持って働いている人は少なからずいることは確か。

グローバルに働ける

やはり海外進出が著しく、好調なため海外での仕事を任されるチャンスは大いにありうる。

デメリット

・軽自動車の人気好調

軽の新車効果が一巡することや商用車の低迷が足を引っ張り全体で微減

円安や原材料高が重い。

円安や原材料高が重くのしかかっていることはニュースの通りである。

・あの”トヨタ自動車”が終身雇用を廃止!?

終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた

トヨタ自動車の豊田章男社長の終身雇用に関する発言のニュースは前に話題になった。日本企業は労働者に優しいとされる「日本的雇用」との向き合い方を模索せざるを得なくなっている。

最後に

AI(人工知能)を活用した自動運転の実用化や水素で走る自動車の実用化といった様々な技術革新の未来が自動車メーカーにはあると言えます。

また、新しい少子高齢化の時代に合った次世代の自動車や無人運転の自動車が開発され続け、空気がきれいで安全な車社会の実現は可能かもしれませんね。

是非ご検討ください。

Follow me!

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP