不動産業界 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産 年収ランキング

日本国内企業10社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 ヒューリック 1530万円 40歳 8名
2位 三菱地所 1229万円 41歳 38名
3位 住友不動産 1222万円 43歳 22名
4位 東京建物 1200万円 42歳 21名
5位 野村不動産 1164万円 42歳 53名
6位 三井不動産 1112万円 41歳 40名
7位 森ビル 1085万円 43歳 36名
8位 東急不動産 約1000万円 41歳 34名
9位 森トラスト 約1000万円 39歳 16名
10位 NTT都市開発 849万円 43歳 26名

不動産業界の特徴

メリット

・業績は最高益圏

オフィスビル稼働率は高く、大手不動産の業績は最高益圏である。

少数精鋭部隊

エネルギッシュな人が多く、少数精鋭のため同期のレベルも高い

・ハイキャリア&高給

上位9社は入社できれば、どの大学においても就職上位に入る企業。

デメリット

・銀行との折り合い

目下の超低金利が続く保証はない

・優秀だからこその苦労

新卒総合職は幹部候補として重用されるが、泥臭い営業経験も積む必要がある。

・成果&実力主義的な側面も

成果に応じて決まるボーナスの割合がかなり高く、成果を出し続ける必要がある。総合職でも実力主義的な色が強く、降格や減給もある。

最後に

採用人数を見て分かるとは思うが上位9社はかなり就職難易度は高いと考えて欲しい。

よく、○○不動産の内定出たという就活マウントを取る人が見受けられるが、ほぼ本体の不動産の総合職の子会社だと思って間違いないだろう。上位9社に内定が出ている優秀な学生はそんな発言はしなそう(偏見)。

ただかなりの給与と社会的地位が保証されるため、挑戦してみてはいかがだろう。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP