建設・エンジニアリング 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設 年収ランキング

日本国内企業11社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 鹿島 1102万円 44歳 247名
2位 大成建設 1086万円 43歳 256名
3位 大林組 1046万円 42歳 256名
4位 JFEエンジニアリング 1030万円 44歳 78名
5位 竹中工務店 1001万円 44歳 232名
6位 奥村組 995万円 43歳 90名
7位 新日鐵住金エンジニアリング 985万円 43歳 39名
8位 清水建設 967万円 45歳 310名
9位 NIPPO 951万円 45歳 49名
10位 東急建設 945万円 46歳 106名
11位 前田建設工業 943万円 44歳 145名

建設業界の特徴

メリット

・業界の利益が明るい

官民ともに建設需要は依然旺盛、大手の利益水準もバブル期越え。

・海外大型LNGプロジェクト

プラントエンジニアリングとして海外大型LNGプロジェクトが復活の兆しで受注増へ期待が高まる。

LNG(Liquefied Natural Gas)とは天然ガスを約マイナス162℃まで冷却して液体にした液化天然ガスのこと。

このLNGは、火力発電の燃料として、あるいは都市ガスの原料として利用されており、日本企業が初めて主導し進めていた大型LNG開発プロジェクトで、ついにLNGの生産がスタート。10月には出荷も始まった。

・企業規模が成長中

収益体質改善へLNG分野の育成も急ぐ。

・地図に残る仕事

やはり地図に残るような建造物を作るわけだから、仕事はきつくても何か心に残るものは大きい気がする。

デメリット

・地方ゼネコンの業績には陰りも

最近は人口が都市部に流れてきており、地方は過疎化の一方なので地方ゼネコンは厳しい側面がある。

少子高齢化もあり尚更厳しくなることが予想される。

・施工管理はきつい

大手ゼネコン5社は理系職だと意外と入りやすい。四季報でも入社倍率4倍ほどだ。その理由は、施工管理職はかなり厳しいものだからだ。

基本的に土日も年末年始も仕事があることもある。また海外に希望ではなく飛ばされることもある業界なので、就職活動で入社を考えている人は慎重に選ぶべきである。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP