銀行 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行 年収ランキング

日本国内企業10社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 三菱UFJ信託銀行 978万円 43歳 250名
2位 三菱UFG銀行 約900万円 38歳 951名
3位 日本銀行 833万円 43歳 150名
4位 三井住友信託銀行 815万円 40歳 410名
5位 三井住友銀行 811万円 36歳 650名
6位 りそなホールディングス(銀行) 約800万円 40歳 565名
7位 みずほファイナンシャルグループ(銀行) 約800万円 39歳 700名
8位 SMBC信託銀行 約800万円 40歳 50名
9位 横浜銀行 約750万円 42歳 127名
10位 静岡銀行 約750万円 43歳 187名

銀行の特徴

メリット

企業ブランドが高い

三大メガバンクに就職できれば、知名度が獲得でき、就活マウントができる。

・合コンでメガバンク系だと無双

未だに”銀行員が日本の給料トップ”と思っている人も一定数いるため、合コンでは無類の強さを誇る。

・新卒入社が多い&福利厚生が良い

同期が多いため仲の良いやつで固まれる。また、住宅手当や社員寮の充実

・出世競争に勝ち抜くと高給

出世競争が激しい分、本店に残れれば35歳で年収1000万円は超える。

デメリット

・出世競争減点文化

メガバンクを見てもらえば分かるが採用人数が多い分、当然離職率は高い

3年以内離職率→約40% 5年以内離職率→約60%

また減点されて評価されていくので、ミスなく仕事を丁寧に進めて出世していかなければならない。

全国転勤は当たり前

転勤のペースは平均して2~3年に1度で突然言われることが多い。

・日本銀行のマイナス金利政策

金利のマイナス化によって預金者が金利を支払うことになる。銀行にとって最大の収益圧迫要因は消えない。地方銀行は日本銀行のマイナス金利政策で本業利益の縮小が続く

最後に

銀行のやりがいとして最も大きいものは「融資を通してさまざまな人の夢を叶えることではないかと思います。

下町ロケットや半沢直樹のドラマを見た人の中には、銀行員として働くことへの不安を持つ人もいるとは思いますが、銀行員は「人・企業の夢を応援する仕事」であると言えます。

人・企業・日本の未来の夢を応援してみてもいいのでは。

Follow me!

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP