専門商社 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

専門商社年収ランキング

日本国内企業上位10社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 JFE商事 1164万円 41歳 61名
2位 伊藤忠丸紅鉄鋼 1066万円 40歳 38名
3位 伊藤忠エネクス 1052万円 41歳 24名
4位 メタルワン 1050万円 42歳 24名
5位 阪和興業 1047万円 40歳 113名
6位 岡谷鋼機 1022万円 38歳 28名
7位 長瀬産業 1013万円 41歳 54名
8位 日鉄住金物産 1008万円 44歳 85名
9位 稲畑産業 1006万円 42歳 33名
10位 カナデン 927万円 42歳 26名

専門商社の特徴

メリット

手堅いビジネスを展開

電子・半導体や機械、化学など国内外で底堅い。

スペシャリストになれる

専門商社のため、専門的な領域に自身の強みを持てる。専門的なスペシャリストになり、総合商社の部門別採用で転職をする人も多いと聞く。

グローバルに働ける

気をつけてほしいのは、”会社によっては”海外勤務も可能であること。

年収は高い

やはり、商社であり商人だけあってかなり高給な部類。

デメリット

・保守的で固い印象が根強い

歴史ある企業故に堅実保守的な経営体制で、年功序列を重視する。

プライベートが厳しい

営業や海外駐在の場合プライベートは調整しにくい。

・転職市場で弱くなりがち

仕事の幅が狭いため、転職市場で戦えるスキルは付きにくい。また仕事の忙しさから、他で戦える(IT&WEB)のスキルが学べる時間があるか。。。

しかし、総合商社に転職できる人もいる。

最後に

専門商社はコミュニケーション能力が存分に活かせ、なおかつ自身の交渉力で売り上げを伸ばせるため大きいビジネスを感じられる環境が整っていると言える。

☟参考に就活体験記も見て頂きたい☟

https://akaoniblog.com/shukatutaikenki/senmonshousha-1/

Follow me!

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP