就活 自己分析に時間かけすぎても意味がない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。あかおにです。

本日は、就活における自己分析で

時間をかけすぎても意味ないよってことを

伝えるために記事にしました。

その理由とともに紹介します。

人の価値観は変わる

私は世の中で人が頑張っていることに対して「無意味・無駄」だと思うことはほとんどありません。

しかし、こと就活における自己分析にはさすがに時間をかけすぎてはいけません

なぜかというと、前提として「人の価値観はコロコロ変わるものだからです

皆さんもどうですか??

高校から大学に上がって変わることはありませんでしたか??

例えば

  1. 授業で携帯を机に出す。
  2. 高校カップルが軒並み別れる。
  3. 大学の授業は思ったよりつまらない。
  4. 欠席しても怒られない。

等々、高校までの概念がぶっ壊れて、常識も変わりましたよね。

正直こういったことって無限に発生するんです。

つまり、就職活動を進めていく中であなたの価値観は相当変わります。

  1. 年収が大事
  2. ワークライフバランス
  3. ノー残業

なにが一番大事だっけ??ってなりがちです。

ですから、就職活動の軸を一定ラインで定め、自分の長所・短所を理解したら、面接や就活を通して実践していく中で磨いていけばいいのです。

面接や選考への挑戦に足踏みすることはやめましょう。

大事なマインドを磨こう

じゃあ、どうしたらいいの??ってことについて紹介します。

結局、一番大切なことは自分自身の就職活動に対するマインドを高めることが重要です。

結局のところ就職活動というのはスキルがまるでない就活生のポテンシャルを見て採用します。

そのポテンシャルで一番見られるのは

  1. 人柄・初対面の印象
  2. 入社への熱意

なんです。つまり、あなたがどれだけ自己分析をし鼻タカで知識を持っていてもあまり影響しません。

普通の大手の子会社や普通の大手、またはベンチャーに内定を取れるくらいで終了です。

この記事を見ている人は意識高い人だと思うので、そんなの嫌ですよね。

だからこそ、就活の「絶対に突き抜ける!」「就活に勝つ!」という姿勢が大事になります。

これはめちゃくちゃ大事なマインドなので理解して欲しいです!

最後に伝えたいこと

就職活動で突き抜けるには「どれだけ真剣に取り組むか」です。

あなたのその意識は必ず自信につながります。

私も、260万円の借金を起業や詐欺で負ってしまった時も、挽回するために、死ぬ気で励みました。

全部自己資金で借りている家賃3万円のアパートに帰っている時辛いことや悔しいこと恥ずかしいことたくさんありました。

ですが何かで突き抜けるためには、人と違う突き抜けたマインドを持つ必要があります!

あなたも一緒に突き抜けられる人になりませんか?

一緒に頑張りましょう!!

 

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


PAGE TOP