通信サービス 年収ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通信 年収ランキング

日本国内企業12社比較

順位 社名 2020年度(四季報より)
平均年収 平均年齢 採用人数
1位 ソフトバンクグループ 1158万円 40歳 350名
2位 KDDI 936万円 43歳 290名
3位 日本電信電話(NTT) 905万円 41歳 56名
4位 NTTドコモ 874万円 40歳 400名
5位 NTTコミュニケーションズ 850万円 43歳 246名
6位 NTT東日本 800万円 40歳 250名
7位 インフォコム 787万円 44歳 22名
7位 NTT西日本 784万円 43歳 403名
8位 ソフトバンク 784万円 39歳 300名
9位 ディー・エヌ・エー 750万円 41歳 148名
10位 ティーガイア 708万円 37歳 118名
11位 ジュピターテレコム(J:COM) 700万円 40歳 166名

通信業界の特徴

メリット

福利厚生がかなり良い

勤務地以外はホワイト企業と言われるほど福利厚生や労働環境は良い

・国内時価総額上位

日本における時価総額ランキング上位10位以内に上記通信会社が5社ランクインするほど企業価値が高い

・ソフトバンクの孫正義さん

たぶん、日本の社長で最も名前が知られている御方ではないだろうか。SBG(ソフトバンクグループ)は新しいことに挑戦する経営姿勢がありややベンチャー気質

・天下のNTTグループ

NTTグループの主要5社のよく言われる優劣が☟である。

  1. NTTドコモ
  2. NTT東日本
  3. NTTデータ
  4. NTTコミュニケーションズ
  5. NTT西日本

福利厚生面において一番良いのがNTTドコモです。持株会社の営業利益が約1兆2000億円あるのですが、その内約8000億円ほどNTTドコモが稼いでいるとのことです。

また、NTTが光回線をさまざまな業種に卸すことで、新規顧客が広がる「光コラボ」には成長の余地がある。

デメリット

・入り乱れる業界

携帯回線の高成長が見込めない中、今後楽天の新規参入で競争激化していく流れ。

・年功序列気質

年次とともに給与は相当の水準まで上昇するが、成長や権限の大きな仕事は若手では見込みにくい

最後に

大手通信業界はかなり大学生の就活や転職においても人気な会社であるため、入社難易度はいずれも高い業界である。

楽天の携帯の参入により大きく戦局は荒れそうであるが5Gにより大きな波がくるかもしれない。

この業界はワクワクする物が詰まってそうな予感がする。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP