就活 ボストンキャリアフォーラム 徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。あかおにです。

今回は外資系企業で働きたい!

英語や留学経験が活きる仕事

していきたいと考える学生に

向けた内容です!

ボスキャリとは

英語が話せる日本人向けに毎年アメリカのボストンで開催される日本人向けの合同説明会のようなイベントです。

毎年11月に3日間開催されていて、多くの海外留学中の日本人や留学経験のある日本人が参加しているそうです。

出展している企業としては、外資系コンサル・外資系投資銀行・商社・日系金融機関・大手外資系メーカーなど総勢200企業以上があります。

参加するメリット

参加した際のメリットを簡単に解説していこうと思います。

①日本人の参加者が多い

これは、日本人向けなので当たり前ですが日本人の学生が多いです。

これにより留学中に新しい友達が出来たり、意識の高い仲間ができる可能性が高まるでしょう。

また、参加した知人の話だと、ボストンに向かう飛行機の中からでも分かるくらい参加する日本人が多かったそうです。

②三日で有名企業から内定を取れる

三日間で最短内定というのがこのイベントの大きな特徴である。

毎年8000人が応募して結構大賑わいな感じでもあるため、企業も優秀な学生の獲得の為に力を入れている為積極的に誘致をしています。

だからこそ、自分自身の就職活動の軸を固めたら、ボスキャリに臨んでみてもいいと思います。

③インターンの内定もとれる

有名企業のインターンの内定も取れることもあります。つまり、大学3年の就活生でなくても参加する価値はありそうです。

有名企業のインターンが取れたら早期内定にもつながりそうな気がします。

④選考慣れ

11月の時期に本選考を受けられるのは、日本に帰ってから就職活動を望むとしても貴重な経験になるのではないかと思います。

参加者要件

さて、どんな人が参加できるのでしょうか。

  1. バイリンガル
  2. 海外大生
  3. 交換留学生
  4. 海外経験のある学生
  5. 帰国子女

という感じです。ですが、結局のところ誰でも参加できます!!笑

チャレンジという意味でも参加している学生は約2割ほどだと言っていました。

出展企業

主な出展企業はこちらです。

  1. マッキンゼー
  2. 伊藤忠
  3. 三菱商事
  4. 三菱電機
  5. 日立製作所
  6. NTT
  7. アップル
  8. Twwiter
  9. JR
  10. 任天堂

等々、数上げていくとキリがないんですけど主にこんな感じです。

もし、少しでも挑戦してみたいな~という気持ちや、シンプルにアメリカの観光するついでに参加したいと思った方は行ってみてはいかがでしょうか。ちでも、参加するだけ価値はありそうですね。

では、就職活動楽しみながら進めていってください!

Follow me!

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP