就活 たった1つの切り返しで好感度の良い会話を続けさせる方法【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。あかおにです。

さて、今回の記事は話し方とか

難しいテクニックじゃなくて

こうやって切り返せば好感度の良い

会話が続く方法のご紹介です!!

ビジネスマンになっても使えます!

面接で起きる疑問

面接で話をしている時に「こういう時どうやって返せばいいんだろう?」って悩むこと結構あると思うんですよね。

で、悩んで返した結果、微妙な雰囲気になちゃったとか。結構あるあるなんじゃないかなと思います。

そういう場合ってそもそもどうやって返したかっていう細かい内容は全然関係ないんです!大切なのはそもそもどういう返し方をしているのっていうところ!

今日紹介する内容は大手の就活を無双する人はほぼこれが徹底できているなっていうものです。

ではまずさっき話したどいうい返し方がいいのっていう話し方なんですけど、返し方の種類として二つあります!

  1.  ポジティブ(プラス)
  2. ネガティブ(マイナス)

まぁ就活における返答は、皆さんのご想像通り、すべてポジティブで返す!

好感度を上げたいならつべこべいわずこれを徹底するべき

自分も就活中ずっと徹底していたし、個別で就活のアドバイスをしている人たちも、これをやってダメだったという人は一人もいない。

だからこれから、何を言われてもポジティブで返す。これはできる人のトークの基本中の基本なんですけど、これが出来ていない人が本当に多い。

まぁこれは元々営業とかのテクニックで使われるイエスバット法、これに近い。営業で使われるテクニックということは、就活でも見られるということです。

イエス・バット法

でね、イエスバット法というのは、相手が言ったことに対して、まず「たしかにそうですね!」この肯定、イエスを入れてから、(バットですね)でもさー(バット)みたいな感じで自分が本当に伝えたいことを伝える。

まずイエスバット法を使わない会話の例を見てほしいんだけど

理系だが営業志望なのに、人事に「君は本当にやりたいことは研究なんじゃないの?

って言われたときに

いや、私がやりたいことは営業で、人と関わる仕事がしたい!

みたいな感じで言うと相手の意見を否定してわがままな感じになりますよね。

ちょっと嫌な気を与えてしまう可能性もあります。

そりゃそうだろって思った人いるかもしれませんが、意外とリアルな面接になったらつい否定しちゃう事がめちゃくちゃあるから。

でもイエスバット法を使うと「君は本当にやりたいことは研究なんじゃないの?」

ということに対して

「たしかに、研究職はまだない価値を生み出す意味では大きな意味があって、理系の私の力が活きるかもしれません。(肯定)ですが(否定)私が本当にやりたいことは営業職として多くの人に自分の魅力も含めた商品として価値提供をしていきたいと考えています。」

っていう感じで一回受け入れてから、本当の気持ちを話した方が相手に印象がよく伝わります。

だから、イエスバット法を面接で取り入れるだけでも効果があるし、一度興味がないことも認めることは最近就活でテーマにあがる「多様性」を受け入れている姿勢も示せます!

最後に伝えたいこと

今回は就活で使えるイエス・バット法を紹介しました。ただ、ここで終わらせないのがあかおにの就活です!

自分はこのイエスバット法の進化系を現在進行形で本気の会話の時にも使っています!もちろん普段気楽に話すときはてきとーですよもちろん笑

でも大事に時に使っている技法を明日の記事で紹介します!

それでは今回は最後まで読んでくださりありがとうございました!

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

PAGE TOP